予防策と治療法

vial pouring drugs out

クラミジアは、性行為をすることで粘膜同士が接触し、それをきっかけに人から人へと感染する感染症です。
性感染症全体の特徴として、感染してから発症するまでに潜伏期間というものがあり、その間は目立った症状が発症しないというものがあります。
そのため、感染してしまっても、症状が発症するまでなかなか気づきにくいのです。
クラミジアに感染しているという自覚がないまま他の異性と関係を持ってしまうことで、さらに感染が広がる可能性が高く、こうしてどんどん感染患者が増えてしまうのです。
これを防ぐためにも、やはり不特定多数の異性と無闇に関係を持つことは避けるべきでしょう。
また、ふだんみなさんが避妊具として使用しているコンドームですが、粘膜同士の接触を防ぐという役割も持っているため、充分性感染症予防に効果的なものとなっています。

しかし、どれだけ予防しているつもりであっても、絶対に感染を防げるとは限りません。
万が一感染してしまったときのことも考え、治療薬についてもしっかり知っておきましょう。
クラミジアに有効だとされている治療薬は多く開発されていますが、特に用いられているのがクラビットという抗生物質です。
ニューキノロン系といわれる抗生物質で、さまざまな細菌に対して有効なため、クラミジア治療だけではなく淋病やその他炎症などにも効果的な治療薬となっています。
クラビットは活躍の場も多いため、常備しておいても損はないでしょう。
では、このクラビットを購入するためにはどうすればいいのでしょうか。